根無し草の仮想通貨

猫好きが仮想通貨について好き勝手に書いていくブログです

【高効率POS】国産通貨SanDeGoを実際にPOSしてみた!実績公開!上場も決定!

BTCがめっきり元気がなくなって界隈が盛り下がっています…。

それに比例するかのごとく書くようなネタが無いのです…。

という本音は捨て置いて…。

今回は実際に国産POSコインの「SanDeGo」をPOSしてみたので実績公開です。

良ければ紹介記事もどうぞ!

目次

f:id:yamato_soul:20180526041551p:plain

 POS実績公開!

f:id:yamato_soul:20180526041604p:plain

分裂してしまっているので、少し分かりにくいかもしれませんが、19日と24日とを比べて

貰えればPOS率が変わってるのが分かりますね!

どんどん増えていくので楽しいです!

ただし!この3倍超高効率POSシステムにも不具合があったみたいで、少しだけ仕様が変わってます。

以下SanDeGoの運営の方が発表された内容です。

 

SanDeGoのwalletにおいて、同期しなくなるという問題が散発的に発生しておりました。これにより、ご迷惑をお掛けしたことお詫び申し上げます。
この問題は運営内でも発生しており、原因を調査したところ、30000ブロック以降に3の倍数でのみ倍率が上がる可変POSにあることが分かりました。3ブロックに1回と頻繁に倍率が変わるため、人によってはステークのタイミングがずれ、本来300%の所で2000%の発掘が起き、メインのチェーンから切り離されるということが起きていると推測されます。
同期の不具合が発生した方には、walletの再設定など対症療法を提案することで問題解決を図って参りましたが、このまま放置しておくには不具合の件数が多く、POSの可変倍率をまとめて配置することで対処することを決定いたしました。
具体的には、30000ブロック以降3の倍数では2000%、それ以外は300%であったPOSの利率ですが、
45000ブロック以降には1000ブロックごとに333ブロックのまとまったスーパーブロックを設定します。
例としては、ブロック高が45333~45666、46333~46666、47333~47666と、下3桁が333~666の時は2000%、それ以外は300%となります。
ゆえに、全体の倍率としては今までとほとんど変わりはありません。
3の倍数で大量にステークするというのは、この通貨の大きな特徴であり、運営内でも変更することには賛否両論ありました。しかしながら、不具合の解決が優先されるということで今回の変更を決定いたしました。
様々な意見があるかもしれませんが、ユーザーの皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

 とのことで、下3桁が333~666のときに2000%になります!

しかし!現状ではレイン祭りなどでしか入手手段のないものです…。

それが…なんと!

CryptBridgeに上場決定!

はい!上場決まりました!

最近流行りの1sat上場ですが、有名なCoinExchangeではなくDEX取引所のCBです!

上場日は近日公開とのこと!

正座して待ってます!