根無し草の仮想通貨

仮想通貨初心者による、一攫千金を目指すブログです

根無し草の仮想通貨

相次ぐ日本人向けサービス停止。Huobiに続きKucoinやgate.ioなども…。

最近は取引所トークンに浮気して絶賛資産目減り中です…。

今はAAcoinが日本人強制排出騒ぎで全資産の半分が強制ロック+トークン暴落中です…。

そんな悲惨な状況に追い討ちをかけるように、相次いで日本人向けサービス中止を発表してきてます。

目次

 

f:id:yamato_soul:20180629233614p:plain

大手取引所Huobiもサービス停止

最初は一部の人にのみ届いたメールが発端でした。

その際にはHitBTCのときと同様に届いていない人が多数いたために

嘘疑惑が強くなり、また嘘であって欲しいといった意見が多かったです。

その後公式テレグラムで日本人へのサービス停止が事実であったと知ることになります。

ただし!7月2日になくなるのは日本語表記であって、その他については未定です。

停止する3ヶ月前に告知するともあるので、そこまで悲観すべきでないと考えます。

現段階での情報だと、日本仮想通貨事業者協会に加入したとのことで

今後体制が整い次第サービス再開も望めるかと思います。

Kucoin,gate.ioも相次いでサービス停止告知

Huobiに続き中堅2社でも発表されました。

こちらにしても今後日本人向けサービスを停止するよといった発表だけで

具体的にいつまでに出金が必要などの情報がありません。

公式テレグラムに確認しても曖昧な回答でした(私の英語力が足りないだけかも…)

草コインなどで非常に重宝していた取引所であったので、厳しい対応を迫られる人もいます。

私もその一人ですが、値段が落ちてしまって塩漬けしている通貨がある方は、

サービス停止までに処理をするか送金する必要があります。

私が購入したLYMは上記2社でほとんどの出来高を占めており、移動させる場所がないのが現状です。

しかし購入金額の半値近くまで落ち込んでいるため、損切りも断腸の思いなところ…。

とりあえずギリギリまで、粘って最終的に損切りになりそうです。

他の取引所にも日本人包囲網は波及するのか?

十中八九波及していくでしょう…。

日本進出を検討しているような取引所は特に厳しい立場に置かれると思います。

最近ではLINEが参入とのことでしたが、初めから日本人外しが行われています。

お国から目をつけられないようにするなら、締め出すのが一番楽な手段ですからね。

Binance自体も過去日本進出を検討していた噂がありましたが、日本語表記削除や

サーバーリストから東京を消すなど早急な対応をしていました。

もしも日本からの圧力が具体性を持っていた場合には、Binanceも危険かもしれません。

最近話題の新中華取引所について

絶賛はめ込まれ中です。はい。

最近KYCまで行うとエアドロップ!!みたいな取引所が増えていますが、

この状況を考えると危険でしかないですね。

実際にKYCまで行ったAAcoinが日本人ロックをしています。

VPNを通しても海外からアクセスしても弾かれている状態です。

KYCをしていない日本IPからのアクセスは弾けていないので、少量の金額を貰いに

リスクを負うことはないでしょう。

出金にKYC必須などの場合は様子見するのも手ですね。

様子見して入った結果がAAcoinだったんですけどね…。

このまま持ち逃げされたら引退します…。